部署紹介

西2階病棟

西2階病棟

当病棟は泌尿器科・眼科・小児科・腎臓内科・婦人科などの混合病棟です。
内科の慢性疾患から泌尿器科・婦人科などの手術を受ける急性期の患者さんです。
年齢層も小児から老年期の方まで幅広い患者さんを対象に日々その方に合った安全な看護が提供できるように学習等に励んでいます。
今年度は4名の新入職者を迎え、また新たなスタートをきりました。
スタッフのコミュニケーションは良く、いつも笑顔の絶えない病棟です。
みんなで力を合わせ、患者さんにより良い療養環境を提供できるように頑張っていきます。

西3階病棟

西3階病棟

西3階病棟は整形外科・消化器内科・耳鼻咽喉科の病棟です。32名の看護師と4名の看護助手、1名のクラークがいます。西3階病棟には骨折や人工関節置換術、耳鼻科領域の手術を受ける患者さんと大腸ファイバーなどの検査を受ける患者さんが入院されます。
今年度はナースマン1名が入職されました。現在、3名のナースマンがいます。
スタッフ間のコミュニケーションは良好!皆、笑顔で看護をしています。
「退院する時の患者さんの笑顔が見たい!」そんな思いで頑張っています!

西4階病棟

西4階病棟

西4階病棟は地域包括ケア病棟です。急性期の治療は落ち着いたけれど、リハビリや住宅改修、退院先の変更など退院調整のために入院が必要な患者さんを受け入れ支援しています。
患者さんは高齢者の方が多く、食事や排せつ、清潔など日常生活援助を中心に安全に留意ながら、持てる力を活かしてケアを行っています。またレクリエーションも毎日行い、歌を歌ったり体操をしたり、風船バレーなどゲームを通して、楽しみとリハビリを兼ねながら日常生活リズムがつけられるよう関わっています。
少しずつ患者さんが元気になり、笑顔が見られ、入院前の「その人らしさ」が戻られてくるとスタッフ全員喜びを感じます。
また退院調整におけるチーム医療が円滑なことも特徴です。
専門知識・情報を持った、MSW・リハビリテ―ション科・地域医療連携室・訪問看護、そして医師とコミュニケーションを密に図り、チームが一丸となって協力しあって頑張っています。

東3階病棟

東3階病棟

東3階病棟は、病床数54床、外科・皮膚科・消化器内科の病棟です。勤務体制は、3交替勤務で、外科・皮膚科の手術目的で入院される患者さんが多く、手術は、ほぼ毎日行われており、看護展開が早く活気ある病棟です。
手術を受ける患者さんや家族の不安を軽減し、術後の回復過程がより良く促進するように看護を行っています。
患者さんやご家族の方がこの病院に入院して良かったと言って頂けることが何より嬉しいことです。
今年度も新人看護師4名が入職し、先輩看護師と共に看護を学んでいます。医師との信頼関係も良く、みんな明るく元気で楽しい職場です。

東4階病棟

東4階病棟

東4階病棟は、循環器内科・一般内科の54床病棟です。
今年も新人4名を迎えました。昨年の入職者も全員2年目看護師となり先輩看護師として気を引き締めています。内科病棟ですので高齢者の患者さんは多いですが、スタッフは元気で病棟は活気があります。若手から経験豊かな看護師と共に日々学びながら実践しています。
循環器内科という事もあり、重症患者さんの看護も行ない目まぐるしい日々ですが、日々研鑚しスタッフみんなで力を合わせ、患者さんの回復過程を支援できるよう取り組んでいます。
看護師32名 看護補助者4名 クラーク1名 全てのスタッフが協力し全力で頑張る病棟です。

外来部門

外来部門

外来では、一般診療科14科、放射線科、内視鏡室、化学療法室、救急科において看護師、ナースエイド、クラークが協力して、外来診療が円滑に行われるよう支援しています。
また認定看護師と外来看護師が協働し、ストーマ外来、腎保護外来、フットケア外来、術前サポート外来の実施や、緊急内視鏡や緊急心臓カテーテル治療に対応できるよう体制を整えています。
入院期間が短縮していきている今、外来での継続治療やその管理が必要な患者さんが増加しており、外来看護師の役割も拡大しています。
外来職員は約7割の方が非常勤勤務で子育て中の方も多くいますが、自分の生活も大切にしながら毎日看護に励んでいます。患者さんが「富田林病院に来てよかった」と思ってもらえるような外来をめざし、笑顔で頑張っていきます。

手術室

中央手術室

当手術室は看護師16名(認定看護師1名)臨床工学技士2名 看護補助者1名 クラーク1名の総勢20名体制で手術看護に当たっています。
昨年度の手術件数は2592件で年々増加しています。
緊張感のある職場ですが笑顔を絶やさず患者に対応しています。
「安全で質の高い看護の提供」を実現すべく日々の学習にも取り組むよう努力しています。

東2階病棟(お産センター)

お産センター

お産センターは、正常な経過の妊産褥婦と新生児を対象に、助産外来や院内助産で女性の「産む力」と赤ちゃんの「生まれてくる力」を大切にした質の高い助産ケアの提供を目指しています。
また、毎月ベビーマッサージ教室を開催し、乳房外来、産後ケア(ショートステイやデイサービス)で育児相談や授乳育児支援に努めています。

血液浄化センター

血液浄化センター

血液浄化センターは看護師8名 臨床工学技士7名 ナースエイド1名 クラーク1名が協働して安全で安楽な透析治療の提供を行っています。
透析治療は終生続けられますので、患者さんの日常生活の一部に透析治療があり、患者・家族さんとは一生涯のお付き合いです。
そのため腎疾患や透析治療の知識だけでなく合併症や他の疾患の知識、対応が求められます。
そこで透析看護の質向上のため私たちは院内・外の研修、学会などに参加し自己研鑽に努めております。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

「住み慣れた自宅で自分らしく暮らせるよう支援します」
現在看護師9名 理学療法士3名 作業療法士2名 事務員1名の15名体制です。
病院、居宅支援事業所と連携を取りながら、急な退院にも対応します。
自宅での療養生活を、在宅サポートチームと協力し、専門的な立場で支援します。
小児ケア・予防ケアから健康の維持・回復、安らかな看取りの終末期ケアまで24時間体制で対応しています。

地域連携室・医療福祉相談室

地域医療連携室

入院前から退院後までの生活を繋いでいけるよう、地域の医療機関と連携しスムーズな受け入れ(前方支援)と退院に向けた支援(後方支援)を行っています。
医師・看護師・MSW・事務職員等が協働し、関連する様々な相談業務にあたります。
患者家族の思いに寄り添い、その人らしい生活ができる場へ安心して退院できるよう心掛けています。

富田林病院看護部 採用情報

  • 看護部のブログ
  • DiNQL事業
    当院はDiNQL事業に参加しています
  • 富田林病院 公式facebookページ
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 富田林病院お産センター
  • 富田林訪問看護ステーション
  • 富田林病院居宅介護支援事業所
PAGE TOP