看護部運営の委員会

看護部は、教育・業務・質管理の3つの委員会から成り立っています。

教育委員会【担当:茨木副看護部長】

教育委員会は教育担当副部長とセカンドレベル研修を修了した師長で構成され、「質の高い看護を提供できる人材の育成」を教育目的に掲げ、看護職員の能力開発を支援しています。
主な活動としては、教育マニュアルの整備、院内教育計画・研修の企画運営、クリニカルラダーの認定審査、新人看護職員臨床研修企画、看護補助者の教育計画やナースエイドラダー運用検討などを行っています。
さらに委員会メンバーの師長が担当している教育担当者会・実地指導者会・臨床指導者会とも連携を取り、看護部全体の教育支援に取り組んでいます。

業務委員会【担当:六波羅副看護部長】

業務委員会は、「看護を必要とする人々に安全で安楽な療養生活が確保できるように、質の高い看護の提供を保証すること」を使命としており、各部署の代表者が委員となり構成されています。
活動内容は看護業務全般にわたり、特に現場の看護が看護基準・看護手順に基づいて安全に実践されているか検証し、定期的なマニュアル類の整備・開発を行っています。
また看護実践の証明として事実に基づいた看護記録がなされるよう、研修・監査・指導などの支援を行っています。
看護必要度に関しては理解を深め適正な記録と評価がなされるよう看護職員全員に対し研修と継続監査を実施しています。
これらの活動により患者満足の高い看護サービスの提供及び、業務改善による職務満足度向上を目指しています。

質管理委員会【担当:阿部副看護部長】

質管理委員会とは、「看護の質を保証する」ため活動する委員会です。
内容は「看護ケアのプロセス評価」「看護研究」「DiNQL」の3つの柱で構成し、教育・実践・評価を行い看護の質向上・改善を目指しています。
「看護ケアのプロセス評価」は、ラウンドを行い現場で行われている看護場面を観察し、技術や知識のテクニカルスキルの評価とともに、患者が満足できるようなヒューマンスキルで看護を行っているのかを重点的に評価し教育をしていきます。
「看護研究」はe―ラーニングを活用しながら、委員会で研修・査読・倫理審査の企画運営を行い、研究のプロセスをサポートしています。
「DiNQL」のデータ分析による評価は、まずは委員会で学習を行い、委員の知識向上を図ってから2カ月に1度ベンチマーク評価を行い、その結果を部署に還元していこうと取り組んでいます。

富田林病院看護部 採用情報

  • 看護部のブログ
  • DiNQL事業
    当院はDiNQL事業に参加しています
  • 富田林病院 公式facebookページ
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 富田林病院お産センター
  • 富田林訪問看護ステーション
  • 富田林病院居宅介護支援事業所
PAGE TOP