看護部運営の委員会

看護部は、教育・業務・質管理の3つの委員会から成り立っています。

教育委員会【担当:阿部副看護部長】

教育委員会は教育担当副部長とセカンドレベルを終了した師長及び副師長の5人で構成され、看護部全体の教育計画を立案し、看護職員の能力開発を支援しています。
主な活動は、院内教育・研修の企画運営、習熟段階(ラダー)の認定・修正、教育マニュアル整備・エイド(看護助手)ラダー作成、新人看護師臨床研修制度の教育・研修企画、段階Ⅰ~Ⅲ看護師の看護研究指導、倫理審査などを行っています。
このような活動をとおして、看護部の教育目的である「質の高い看護を提供できる優れた人材の育成」を目指しています。

業務委員会【担当:茨木副看護部長】

看護業務委員会は、「看護を必要とする人々に安全で安楽な療養生活が確保できるように、質の高い看護の提供を保障すること」を使命として各部署の代表者が委員となり委員会を構成しています。
主な活動内容は、看護記録・看護必要度・看護基準・看護手順・感染対策・医療安全などが中心ですが、看護業務に関する内容全般が活動内容となっています。
安全性や看護の質向上及びコスト削減や看護職員の職務満足度向上を含めて業務改善を行ない、そのために行動の原理原則となるマニュアル類(看護基準・看護手順・記録記載基準・看護必要度等)においても現場からの意見を吸い上げながら定期的に整備・開発を行っています。
現場においてはマニュアルに則った安全な看護実践ができ、さらに適切な看護記録をすることで実践の証明に繋がることを目指しながら、行動の検証を行い、周知徹底に取り組んでいます。

質管理委員会【担当:六波羅副看護部長】

質管理委員会は、富田林病院の看護の質を保証するため活動する委員会です。
構成は、「ケアの質評価」「看護研究査読・倫理審査」「看護倫理検討」「ナイチンゲールKOMIケア理論」 「QC活動」を中心に活動しています。
「ケアの質評価」は、DiNQLのデータ分析による評価と、ベッドサイドケアのプロセス評価を行うことで看護の質向上・改善に向けて発信しています。
「看護研究」は院外講師から年数回の指導を受けるとともに、研究計画書の査読から倫理審査、研究の基本や統計などの研修を行い、研究のプロセスをサポートしています。
「ナイチンゲールKOMIケア理論」はナイチンゲール看護論をベースにした理論で、当院の看護の基盤です。
看護の目的論・対象論・方法論・疾病論を学びながら看護であること・看護でないことを見分ける目を養っています。
「QC活動」は患者さん目線で現場の課題を見つけ、職種の垣根を越えたチームで業務改善に取り組んでいます。
成果を実現することで患者満足、職務満足につながるとともに医療の質向上となることを目指しています。

富田林病院看護部 採用情報

  • 看護部のブログ
  • DiNQL事業
    当院はDiNQL事業に参加しています
  • 富田林病院 公式facebookページ
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 富田林病院お産センター
  • 富田林訪問看護ステーション
  • 富田林病院居宅介護支援事業所
PAGE TOP