認定看護師の紹介

感染管理認定看護師 奥田賢次

感染管理認定看護師 奥田賢次 以前より、感染対策チーム(ICT)のメンバーとして活動していましたが、幅広い感染管理の知識と実践力を学びたいと思ったのが感染管理認定看護師を目指したきっかけです。
感染管理は、病院を利用する患者、家族、訪問者はもちろん、院内で働く全ての人を感染源から守る役割があります。
院内外のあらゆる職種との連携し、病院内ラウンド感染予防策の教育、コンサルテーション、手術部位感染・血流関連感染サーベイランスを実施し、感染予防、拡大防止に取り組んでいます。

手術看護認定看護師 宗和守

手術看護認定看護師 宗和守 新卒で富田林病院に入職してから8年間手術室一筋で勤務してきました。
患者さん一人一人、異なったリスクがあり、さまざまな不安を抱えながら手術を受けていることを知りました。
そこで、そのリスクや不安に対して「安全かつ安楽」に手術が終えられるように、専門性と根拠のある手術看護を極めたいと思い、昨年に『手術看護認定看護師』に合格することができました。
「手術室に看護あり!」と誰もが思えるように、手術看護の質の向上と発展を目指します。
そこのキャリアアップを目指す君!いざ、富田林病院へ!!

透析看護認定看護師 堀川征臣

透析看護認定看護師(血液浄化センター主任) 堀川征臣 透析看護認定看護師を目指し、6ヵ月間東京の学校に行きました。楽しく思えた1人暮らしのはずが、住まいは極小のワンルーム、学校ではレポート地獄。大変な日々でしたが、苦労を共にした仲間が全国にできたこと、学ぶ喜びを得られたことは貴重な財産になりました。
透析を受ける患者さんは、週に2~3回の通院や食事管理など今までと違った生活を送らなければなりません。患者さんや家族が安定した透析を維持し生活の質の向上が出きるように取り組んでいます。

救急看護認定看護師 田中万澄

救急看護認定看護師(西4階病棟副主任) 田中万澄 生命の危機的状況に迅速かつ適切な看護を提供…!!
日々の業務をこなす中で、「このままでいいのかな~??」と経験だけで看護を行っている事に疑問を感じ、救急知識を高め、地域の救急活動の向上に繋げていけるように学習したいと思い、認定教育課程を志願しました。
1年間は、現場での業務と学校の2足のわらじを履いて進んでいかなければなりませんでした。常に職場(看護部)は、業務と学校との調整を行い、無理なく学習できる環境を与えてくれました。『実践をしながらの学び』では、学習した内容を現場で実践し、教育過程で振り返ることが、自分の成長に繋がったと感じています。
救急認定を目指す他施設の仲間ができ、情報交換することで当院の急変時対応や地域の救命率の向上に繋がる取り組みを目指していきます。

皮膚・排泄ケア認定看護師 加藤雪絵

皮膚・排泄ケア認定看護師(東3階病棟) 加藤雪絵 「この病院に来てよかった」患者さん、家族の方からこの一言が聞きたくて、皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得して16年。現在、外科病棟で勤務しながら、ストーマを造設された方や、皮膚障害に悩む患者さんのケアに携わっています。また退院後は、ストーマ外来でフォローアップさせていただいています。
いまだ私自身、納得のいくケアレベルには至っていませんが、日々患者さんと接しながらより良いケアはないか模索しています。

がん性疼痛看護認定看護師 多田都子

がん性疼痛看護認定看護師 多田都子 私ががん性疾痛看護認定看護師を目指したのは、なぜがん患者さんは痛みを訴えるのか?そして、がん患者さんが痛みに苦しみ、呼吸困難で七転八倒しているのに手立てがないのか?そんな患者さんを目の前にして何もしてあげられない事が辛かったからです。そこで、がん看護についての知識を得たいとの思いから研修を受け、平成26年6月にがん性疾痛看護認定看護師の資格を習得しました。日々現場では微力ではありますが、がん患者さんやサポートしている家族さんとのコミュニケーションを通して、身体的、精神的な支援が出来るよう取り組んでいます。

富田林病院看護部 採用情報

  • 看護部のブログ
  • DiNQL事業
    当院はDiNQL事業に参加しています
  • 富田林病院 公式facebookページ
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 富田林病院お産センター
  • 富田林訪問看護ステーション
  • 富田林病院居宅介護支援事業所
PAGE TOP