認定看護師の紹介

感染管理認定看護師 奥田賢次

感染管理認定看護師 奥田賢次 以前より、感染対策チーム(ICT)のメンバーとして活動していましたが、幅広い感染管理の知識と実践力を学びたいと思ったことが感染管理認定看護師を目指したきっかけです。
感染管理は、病院を利用する患者さん、ご家族、訪問者はもちろん、院内で働く全ての人を感染源から守る役割があります。
院内外のあらゆる職種との連携し、病院内ラウン、感染予防策の教育、コンサルテーション、手術部位感染・血流関連感染サーベイランスを実施し、感染予防、拡大防止に取り組んでいます。

手術看護認定看護師 宗和守

手術看護認定看護師 宗和守 新卒で富田林病院に入職後、10年間手術室一筋で勤務しています。
入職後1年が経った頃から、もっと根拠のある手術看護を学んで極めたいと思うようになりました。
そんな思いを看護部長、師長、スタッフが理解して下さり、看護師経験6年のまだまだ未熟な僕を福井の学校に快く送り出していただき、翌年手術看護認定看護師を取得することができました。
認定看護師取得後は、目標としている手術患者の不安軽減と手術看護の質の向上に向けて活動できる時間を作ってくださり、大変なこともありますが、自分が実践したい看護ができるため、日々やりがいがあります。
認定看護師を目指しているそこのあなた!富田林病院へ来てみようではないか!

透析看護認定看護師 堀川征臣

透析看護認定看護師(血液浄化センター主任) 堀川征臣 透析看護認定看護師を目指し、6ヵ月間東京の学校に行きました。
楽しく思えた1人暮らしのはずが、住まいは極小のワンルーム、学校ではレポート地獄。
大変な日々でしたが、苦労を共にした仲間が全国にできたこと、学ぶ喜びを得られたことは貴重な財産になりました。
透析を受ける患者さんは、週に2~3回の通院や食事管理など今までと違った生活を送らなければなりません。
患者さんや家族が安定した透析を維持し生活の質の向上が出きるように取り組んでいます。

救急看護認定看護師 田中万澄

救急看護認定看護師(西4階病棟副主任) 田中万澄 生命の危機的状況に迅速かつ適切な看護を提供…!!
日々の業務をこなす中で、「このままでいいのかな~??」と経験だけで看護を行っている事に疑問を感じ、救急知識を高め、地域の救急活動の向上に繋げていけるように学習したいと思い、認定教育課程を志願しました。
1年間は、現場での業務と学校の2足のわらじを履いて進んでいかなければなりませんでした。
常に職場(看護部)は、業務と学校との調整を行い、無理なく学習できる環境を与えてくれました。
『実践をしながらの学び』では、学習した内容を現場で実践し、教育過程で振り返ることが、自分の成長に繋がったと感じています。
救急認定を目指す他施設の仲間ができ、情報交換することで当院の急変時対応や地域の救命率の向上に繋がる取り組みを目指していきます。

皮膚・排泄ケア認定看護師 加藤雪絵

皮膚・排泄ケア認定看護師(東3階病棟) 加藤雪絵 「この病院に来てよかった」患者さん、家族の方からこの一言が聞きたくて、皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得して20年。
現在、外来勤務しながら、ストーマを造設された方や、皮膚障害に悩む患者さんのケアに携わっています。
また退院後は、ストーマ外来でフォローアップさせていただいています。
いまだ私自身、納得のいくケアレベルには至っていませんが、日々患者さんと接しながらより良いケアはないか模索しています。

がん性疼痛看護認定看護師 多田都子

がん性疼痛看護認定看護師 多田都子 私ががん性疼痛看護認定看護師を目指したのは、なぜがん患者さんは痛みを訴えるのか?
そして、がん患者さんが痛み苦しみ、様々な症状で辛さを訴えているのに何か手立てがないのか?そんな患者さんを目の前に何もしてあげられない事が辛かったからです。
そこで、がん看護についての知識を得たいとの思いから研修を受けました。
日々の現場では微力でありますが、がん患者さんやサポートしている家族さんとのコミュニケーションを通して、身体的、精神的な支援が出来るよう取り組んでいます。

がん化学療法看護認定看護師 畑幸枝

がん化学療法看護認定看護師 畑幸枝 がんの治療は「手術療法」「放射線治療」「化学療法」の3つの治療法があります。
なかでも化学療法は、分子標的薬や支持療法の開発がすすみ、化学療法を受ける患者さんは、外来で通院しながら治療を受けることができるようになりました。
患者さんが安全で確実に抗がん剤治療を受けることができるよう、より一層の知識を持って対応できる看護師になりたいと考え、がん化学療法看護認定看護師を目指し取得しました。
また副作用など様々なセルフケアを患者さん自身が実践しなければなりません。
患者さんが何を大切にしてこられたのかを理解して、その人らしさを大切にした関わりをしていきたいと思っています。
がんと共に生きる患者さんのセルフケアを共に考え、寄り添うことで、支援に繋がればと考えています。

緩和ケア認定看護師 池野聡美

緩和ケア認定看護師 池野聡美 私は6年間の訪問看護師の経験を得て、緩和ケア認定看護師を志しました。
それは一人一人の患者さん・ご家族との出会いを振り返った時「私にもう少し知識と経験があれば、もっと出来ることがあったのでは?何か変わったのでは?」という複雑な思いが付きまといはじめ、折角の出会いに後悔を残したくないと感じたからです。
その為、思い切って緩和ケア認定看護師を目指し受験に挑戦しました。
緩和ケア認定看護師となって6年が経過し思う事は、必ずしも経験年数と自信は比例しないという事です。
しかし、悩みながらも誠実と努力を尽くし続ける思いは必ず伝わるという事を、患者さんとご家族から教えて頂きました。
緩和ケア認定看護師としては、病名に関わらず診断から治療、その後の過ごし方に至るまでを患者さんらしく歩めるようにお手伝いしています。
それぞれの「人生の背景」を大切にしながら、患者さん・ご家族と医療チームが同じ目標をもって進めるよう心掛けています。
富田林病院へは2年前に中途採用として就職しましたが、全看護師が看護研究に取り組む基礎力を培えるための教育カリキュラムや、認定取得を目指す看護師への支援体制もありスキルアップを目指しやすい病院だと感じています。
また、8分野の認定看護師がそろっており、お互いの得意分野での知識を活かしながら相談しえある事も大きな利点だと思います。
これからも看護の力で患者さん・ご家族に喜んでいただけるよう、私自身も努力していきます。

富田林病院看護部 採用情報

  • 看護部のブログ
  • DiNQL事業
    当院はDiNQL事業に参加しています
  • 富田林病院 公式facebookページ
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 富田林病院お産センター
  • 富田林訪問看護ステーション
  • 富田林病院居宅介護支援事業所
PAGE TOP