潜在ナースへのメッセージ

外来 岡村真由美

外来 岡村真由美 自分が生まれ育ち、慣れ親しんだ富田林で働く機会があり、迷わず入職させていただきました。
この病院は家族がお世話になり私自身も小さい時にお世話になった、又看護師を志すスタートラインの病院だからです。
この病院で働いていた看護師さんにあこがれ進路を決め、今に至ります。
出産後外来勤務となり、初めは時間の使い方、忙しさの違い、患者さんが必要としている看護の違いに戸惑い、思うように働けなかった時期もありましたが、上司、先輩、同僚に助けてもらい、慣れてきたところです。
富田林病院の良い所は、1人の患者さんが体調不良で病院を訪れてから、家に帰って地域の中で生活しやすい環境を整えるまでの関わりを、チームで行っていることだと思います。1人の患者さんが病気で困っている、病気は治ったが、元通りの生活が送れない場合、どんな援助を行えばより暮らしやすいか、ソーシャルワーカー、リハビリ、栄養科、医師、薬剤師、看護師などが知識、経験を出し合いサポートする体制が整いつつあると思っています。
自分自身の親も高齢となりつつあり、病気になったり、誰かの助けが必要となる年齢になりましたが、富田林病院でお世話になりたいと思えるような病院であってほしいし、自分もそんな病院で仕事ができる看護師でありたいと思い、毎日仕事をしています。プライベートな時間もしっかり取り、その時間は仕事を忘れ子供と過ごすようにしています。
育児と両立しながら仕事ができる病院だと思います。

訪問看護ステーション 中西恵子

訪問看護ステーション 中西恵子 訪問看護ステーションに配属となり4年が経ちます。
以前は6年間非常勤で外来勤務をしていました。
訪問看護では、自宅で療養する利用者さんが安心して生活が継続できる様、24時間、365日緊急対応をしています。
常勤スタッフが毎日交替で緊急電話を持ち帰り、発熱やストーマ管理など多様な対応をしています。
家庭の事情で夜勤のできない私には、自宅での待機は仕事を続けていける大きなメリットです。
現在緊急対応は、ほぼ100%に近い利用者さんが利用されています。
基本単独で訪問するため、自己でのアセスメントする場面が多く、不安な面もあります。
しかし、ステーションでも3年前から、PNSを取り入れペアスタッフとは勿論、スタッフ全員でカンファレンスも常に行い、利用者さんのため日々奮闘しています。
また、4月からは、診療報酬改定により訪問リハビリ単独の利用者さんにも、関わらせて頂いています。リハビリスタッフの専門的な技術も刺激的です。
今後、益々増えていく在宅療養を支えられる訪問看護師でありたいです。

富田林病院看護部 採用情報

  • 看護部のブログ
  • DiNQL事業
    当院はDiNQL事業に参加しています
  • 富田林病院 公式facebookページ
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 富田林病院お産センター
  • 富田林訪問看護ステーション
  • 富田林病院居宅介護支援事業所
PAGE TOP